キャッシングの利息について

「カードキャッシングは、利息が高い」とあきらめていませんか……? 実は「キャッシングほど、利息の低い商品」は、他にありません。

 

クレジットカードのキャッシング利息が、平均15%〜18%になるのに対し、カードキャッシングの金利は(最低金利)3%〜4%台で利用できます。中でも、銀行ローンの金利は低く、最低金利1%という驚異的な「超・低金利ローン」も存在する程です。カードローンのキャッシング利息については、以下で詳しく解説しましょう。

 

キャッシング、利息の目安

 

キャッシングの利息には「下限と上限」が存在します。例えば、オリックス銀行カードローンの金利は、年3.0 %〜17.8%となっていますが、3.0%という数字が、オリックス銀行カードローンにおける「最低金利」です。反対に、17.8%という数字は、このローンの最高金利となっています。

 

クレジットカードとキャッシング利息を比較

 

クレジットカードには「キャッシング枠」と呼ばれる「借入サービス」が付帯しています。この枠を使えば、普段使っているクレジットカードで、キャッシングが利用できる仕組みです。

 

ただし、クレジットカードを使ってキャッシングするのは利息が高く、経済的ではありません。クレジットカードの金利は15?18%に設定されることが多いです。これに対し、カードローンのキャッシング金利は年3.0〜4.0%台から利用できます。

 

利息が低いのは、銀行か消費者金融か?

 

銀行と消費者金融の金利差(利息の差)は大きくありません。例えば、楽天銀行「スーパーローン」の金利が(最低金利)4.9 %〜となっているのに対し、消費者金融のプロミス(三井住友銀行系列)では、年4.5%からキャッシングが利用できます。

 

銀行系なら、キャッシング金利は低い!

 

キャッシングを利用するなら、クレジットカードではなく、カードローンを利用しましょう。最近では、銀行と消費者金融は、どちらも「ほぼ同じ条件」で融資が受けられます。また、消費者金融の多くは「銀行のグループ会社」が経営を行っており、誰でも安心してキャッシングが利用できます。